【1年振り】社屋写真撮り直し

体験

約1年振りに自社社屋写真を撮り直してきました。

1年前

自社ホームページのリニューアルとリクルートサイトの立ち上げが決まったので、そこに自分で撮影した写真が採用されたらうれしいというのがあり、採用されるかどうかは分かりませんが自主的に社屋の撮影をしました。

1年前の使用機材

Canon x8iにSIGMAの17-50mm F2.8とNikon D5300にTamron 28-75mm F2.8を付けて撮影していました。

水平を出すのにも苦労

1年前は水平を出すのにも苦労をしていた記憶があります。とにかく画角いっぱいいっぱいに撮影をして、JPEG撮って出しという状況でした。当時は、撮影したうちの何枚かで水平がとれているものがあり、「上手く撮れた」と感じていました。

自社ホームページとリクルートサイトに採用

結果的には、社屋写真を撮っているのは私だけですので、撮った中でホームページ制作会社さんがセレクトしてくれて、採用になりました。自分の撮った写真がホームページに採用されたのはうれしかったです。

撮り直したい気持ち

その後、自分のメインカメラがNikon D500→Canon EOSRと変わっていったのと、自分の撮影スキルがアップしていくに連れて、「今ならもっとキレイに撮れる」という気がしたので、撮り直したい気持ちが強くなってきました。

会社案内パンフレットのリニューアル

丁度これから、会社案内のパンフレットもリニューアルするので、撮り直すには絶好のタイミングがやってきました。

梅雨明けを待って

早く撮り直しに行きたかったのですが、今年は梅雨が長かったので、梅雨明けを待っていました。

8月2日

8月1日に梅雨明けが発表されたので、早速、翌日の2日の朝7時頃から自社で撮影をしてきました。私は、会社から車で5分くらいのところに住んでいますので、こういう時にサクッと撮りに行けるのがいいです。

RAW撮影

1年前はJPEGでしたが、今はRAWで撮ってLightroomで現像します。画角もいっぱいいっに撮るのではなく、広めに撮ってトリミングしていきます。

RAW現像で仕上げる

家に帰ってきて、Lightroomで現像して仕上げていきます。カメラの性能も上がっていますが、1年前から格段にレベルの上がった写真が撮れました。

Photoshopのスキル向上

ここが現状の自分の課題になります。Photoshopのスキルがあれば、もう少し写真を追い込めたかなという印象です。これから取り組んでいきます。

同じ被写体を撮影したことで

自分の撮影スキル向上を実感することが出来ました。定期的あるいは、カメラを買い替えた時に、また撮影しようと思います。