【Canon EOSR6】本日発売

キャノン

いよいよ本日、Canonの新しいミラーレスカメラ『EOSR6』が発売となります。

写真撮影がメインの方は

EOSR5は8Kまで撮影できる動画性能もウリにしていましたが、EOSR6は写真撮影がメインの方にとって、うってつけの機種になります。

EOSR6スペックおさらい

画素数

2000万画素。少ないと感じる方もいるかと思いますが、普段の用途では十分な画素数。撮影データが大きくなり過ぎないことが大きなメリットになります。

センサー

1DXMark IIIをベースとしたCMOSセンサーを搭載。

画像処理エンジン

DIGIC X(フラグシップ機1DXMarkIIIやEOSR5と同じ)50万円以上する機種と同じ画像処理エンジンを搭載。

手ブレ補正

ボディ内5軸手ぶれ補正機構を搭載(補正効果は5段分相当、すべてのRFレンズとEFレンズに対応)。

レンズ内ISとの協調制御で最大8段分相当の補正効果に向上(レンズ内手ぶれ補正機構を備えた一部のRFレンズが対応)。EOSR5と同じ。

ISO感度

最大常用ISO感度102400。EOSR5を超える高感度対応。

連写性能

最大20コマ/秒(電子シャッター時)、12コマ/秒(メカシャッター時)。最大1/8000秒の高速シャッターに対応。メカシャッター12コマ/秒は、フラグシップ機1DXMark IIIの16コマ/秒に次ぐ連写性能でEOSR5と同じ。

オートフォーカス(AF)性能

EOSRのオートフォーカス(AF)性能も優れていますが、その進化版のデュアルピクセルCMOS AF II対応。ディープラーニング技術を用い、顔が検出できない被写体や後ろ姿でも人物を追従できる。オートフォーカスの動物検出は犬、猫、鳥の全身、顔、瞳に対応(人物AFとの切り替えで対応)。EOSR5と同じ。

動画性能

クロップなしの4K60pの動画に対応。

WiFi機能

IEEE 802.11b/g/nを搭載。

カードスロット

SD UHS-II+SD UHS-IIのデュアルカードスロット。現在デジタル一眼カメラを所有している方は、記録メディアとしてSDカードを利用されている方がほとんどだと思いますので、それがそのまま使用できます。

EVF(電子ビューファインダー)

369万ドット。解像度はEOSRと変わらないものの、表示フレームレートが119.88fpsとEOS Rから倍になっています。

低輝度合焦点限界

EV-6.5まで可能。これはEOSR5よりも優れています。

ボディ剛性

外装はポリカーボネイト製、防塵防滴構造。内装はEOSR5と同じマグネシウム合金。YouTubeでハンズオンを見ていると、手に取った感じがEOSR5とそこまで変わらないという感想を多く見掛けました。

重量

約680g(メモリーカード、バッテリー含む)。

参考価格

305,000円(税別)。

EOSR5の時と同様に

今回も初回出荷台数が少なそうで、予約開始日に予約しても、今日手元に届かないという報告がツイッターで上がっています。本日手にできる方はラッキーな方のようです。本日手にできるみなさん、おめでとうございます。

さらにたくさん方々が

レビューをブログやYouTubeにアップして頂けると思いますので、こまめにチェックしてみたいと思います。私も早く実機に触れてみたいです。