【無音シャッターが大活躍】小学校入学式撮影

ランドセル キャノン

入学式本番使用機材

カメラは、Canon EOSR。レンズはRF 24-105 F4 L IS USMをメインに、体育館での撮影も想定して、EF-EOSRアダプターを付けたEF70-300mm F4-5.6 IS II USMも持っていきます。その他に動画も撮影するので、ビデオカメラと一脚も持っていきます。

小学校玄関での撮影

「入学式」の看板と撮影。RF 24-105 F4 L IS USMで撮影していきます。広角域から中望遠域まで撮影できるのでとても便利です。玄関は逆光でしたが、このレンズは逆光耐性が高いと感じました。早速、この入学式のために多少無理してこのレンズを導入しておいて良かったと感じました。きっと導入してなければ後悔していたと思います。「後悔先に立たず」を実感していました。

無音シャッターが大活躍

体育館での入学式が始まるまでは、それぞれの教室で待機します。そこでEOSRの無音シャッターが大活躍しました。教室内で写真を撮っている保護者は他にもいますが、ほとんどはスマホでの撮影で、数枚撮る程度。教室内での撮影は貴重なので、私としてはたくさん撮りたいと考えます。こんな時に無音シャッターが大きな力になってくれました。レンズもRF 24-105 F4 L IS USMなので、自分が壁側にいても、教室内であればどこでもアップで撮影できる状態で、周りの保護者の目線を気にすることなく、無音シャッターでバシバシ撮影できました。ライブビューで撮影することで、ファインダーを覗いている「撮影してる感」も減らして撮影することもできます。

体育館での式典撮影

体育館では人も多く、写真撮影は難しいと考えていましたので、体育館での撮影のメインはビデオカメラになります。それでも写真も撮りたいので、保護者席の最後方に座るようにして、息子が体育館に入場するところと、退場するところに狙いを定めて撮ってみることにしました。レンズはEF-EOSRマウントアダプターを経由してEF70-300mm F4-5.6 IS II USMを使用します。

何番目に来るか分からないので

息子は1組になりますので、最初の方に入場してくる想像はできましたが、1組の中ではどのあたりで来るかまでは分かりませんので、1組の新入生の入場がはじまったら、ファインダーを覗いてとにかく連写していきました。退場時も同様に撮影していきました。後々パソコンでデータを見返すと、この方法でも何枚かは息子をとらえることができていました。

プロカメラマンによる集合写真撮影

入学式と言えば、新入生と保護者で撮影する集合写真があります。集合写真は奥さんに入ってもらい、私は集合写真時の息子を別で撮影していました。子どもたちが多くいるので、撮影を担当したプロカメラマンはとにかく大きな声を出して、カメラに目線を向けるということしていました。基本とも言えることですが、改めてその重要性を感じ、集合写真撮影の時は、とにかく大きな声を出そうと感じました。

RF 24-105 F4 L IS USMの心地良さ

入学式本番の撮影を通じて、このレンズが大好きになりました。とにかくこの24-105というレンズがとても心地良いのです。「もう少しズームできたらなー」と感じ場面がなく、寄りたい時には寄れて、広く写したい時には24mm側でということがとても気持ち良く行えました。EOSRやEOSRPをお使いの方や、これから購入を検討している方に、「まず最初の1本」としてこのレンズをお勧めします。