【伏兵から主役へ】Canon EOSR6スペック深掘り

現在のメインカメラ キャノン

2020年7月9日21時にEOSR5と同時に発表されたEOSR6。いい意味で期待を裏切られた方が多かったのではないでしょうか。何故なら、写真撮影をメインを行う人にとって、全部入りというスペックだったからです。そして、発表を聞いてEOSR6が欲しくなった方も多いのではないでしょうか。私もそのひとりです。

画素数

2000万画素。少ないと感じる方もいるかと思いますが、普段の用途では十分な画素数。撮影データが大きくなり過ぎないことが大きなメリットになります。

センサー

1DXMark IIIをベースとしたCMOSセンサーを搭載。

画像処理エンジン

DIGIC X(フラグシップ機1DXMarkIIIやEOSR5と同じ)50万円以上する機種と同じ画像処理エンジンを搭載。

手ブレ補正

ボディ内5軸手ぶれ補正機構を搭載(補正効果は5段分相当、すべてのRFレンズとEFレンズに対応)。
レンズ内ISとの協調制御で最大8段分相当の補正効果に向上(レンズ内手ぶれ補正機構を備えた一部のRFレンズが対応)。EOSR5と同じ。

ISO感度

最大常用ISO感度102400。EOSR5を超える高感度対応。

連写性能

最大20コマ/秒(電子シャッター時)、12コマ/秒(メカシャッター時)。最大1/8000秒の高速シャッターに対応。メカシャッター12コマ/秒は、フラグシップ機1DXMark IIIの16コマ/秒に次ぐ連写性能でEOSR5と同じ。

オートフォーカス(AF)性能

EOSRのオートフォーカス(AF)性能も優れていますが、その進化版のデュアルピクセルCMOS AF II対応。ディープラーニング技術を用い、顔が検出できない被写体や後ろ姿でも人物を追従できる。オートフォーカスの動物検出は犬、猫、鳥の全身、顔、瞳に対応(人物AFとの切り替えで対応)。EOSR5と同じ。

動画性能

クロップなしの4K60pの動画に対応。

WiFi機能

IEEE 802.11b/g/nを搭載。

カードスロット

SD UHS-II+SD UHS-IIのデュアルカードスロット。現在デジタル一眼カメラを所有している方は、記録メディアとしてSDカードを利用されている方がほとんどだと思いますので、それがそのまま使用できます。

EVF(電子ビューファインダー)

369万ドット。解像度はEOSRと変わらないものの、表示フレームレートが119.88fpsとEOS Rから倍になっています。

低輝度合焦点限界

EV-6.5まで可能。これはEOSR5よりも優れています。

ボディ剛性

外装はポリカーボネイト製、防塵防滴構造。内装はEOSR5と同じマグネシウム合金。YouTubeでハンズオンを見ていると、手に取った感じがEOSR5とそこまで変わらないという感想を多く見掛けました。

重量

約680g(メモリーカード、バッテリー含む)。

参考価格

305,000円(税別)。EOSR5との価格差は約15万円。

発売時期

2020年8月下旬。

写真撮影には最高の1台

写真撮影の機能だけで考えると、画素数の違いこそあれEOSR5の機能が全部入りという状況になっています。そして、画素数を抑えているが故に、高感度撮影に強く、低輝度合焦点限界も-6.5EVとなっていますので、ほぼ真っ暗なところでもオートフォーカス(AF)が効くのではないかと考えられます。
このスペックでEOSR5よりも、約15万円安い値段設定ですので、写真撮影がメイン方にとっては「最高の1台」になりそうです。私も写真撮影がメインですので、EOSR6を手に入れるために、現在所有しているカメラの下取りも含めて、資金集めを考えます。