【Canon EOSR5・R6】カメラ性能を最大限引き出そう

EOSR5・R6POWER キャノン

2020年7月30日発売のCanon EOSR5。2020年8月下旬発売のCanon EOSR6。ともに高性能なカメラですが、その性能を最大限発揮するための記録メディアを考えてみます。

 

EOSR5

CFexpressとSDカードUHS-IIのデュアルカードスロットを採用しているEOSR5。高速連写や8Kの動画撮影という性能を最大限引き出すには、CFexpressとSDカードUHS-IIを揃える必要がありそうです。特に、プログレードの「CFexpress Type B COBALT 325GBカード」の利用で、カタログに記載されている性能を発揮していそうですので、CFexpressはプログレードのコバルトが良さそうです。SDカードUHS-IIもプログレードのコバルトもしくはゴールドが良さそうです。

EOSR6

SDカードUHS-IIのデュアルカードスロットを採用しているEOSR6。EOSR5が4500万画素に対して、EOSR6は2000万画素なのでデータは軽いですが、性能を最大限引き出すには、プログレードのコバルトもしくはゴールドのSDカードUHS-IIが良さそうです。

 

西田航さんがライブ配信で試してくれました

発売前にCanonからEOSR5の実機を借りている写真家の西田航さんが、先日のライブ配信でカードの違いによる書き込み速度の違いを試してくれています。
SDカードUHS-IとSDカードUHS-IIでも書き込み速度に違いがありましたが、CFexpressカードの書き込み速度は別格の速さがありました。折角新しいカメラを使うのであれば、その性能を最大限に引き出して使いたいものです。

カメラが発売されると

CFexpressカードやSDカードUHS-IIは品薄になる可能性がありますので、既にEOSR5やR6を予約済みの方や、購入を検討している方は、早めの購入をオススメします。