【現段階の機材ゴール】Canon EOSR5ファーストインプレッション

キャノン

運良くCanon EOSR5を手に入れることができました。EOSR5のファーストインプレッションになります。

品薄状態が継続中

ようやく、発売日付近に予約した方には届いたのではないかという品薄状態が続いているEOSR5。運良く手に入れる事ができました。

EOSR5にした理由は

以前の記事に書いていますので、そちらを見て頂ければと思いますが、これで撮影シーン別で使い分けていた、Canon EOSRNikon D500体制から脱却して、どんな場面でもEOSR5一台で撮影できる体制に移行できます。

ファーストインプレッション

Canonのミラーレスカメラは、EOSRしか使ったことがないので、EOSRとの比較の中でお話させて頂ければと思います。

ボディ剛性

EOSR5は、デモ機でも触ったことがありませんでしたので、手に入れて初めて触りましたが、全体的にしっかりしている印象を受けます。EOSRもマグネシウム合金でできていましたので、この辺は同じで、逆に言うとEOSRから優れているとも言えます。

操作感

圧倒的にEOSR5の方が操作しやすい感じがあります。EOSRは操作全体に硬さがありましたが、EOSR5は操作感が軽く、とてもスムーズに操作できます。EOSR5では、一眼レフカメラの5DMark4の流れを汲んで、ジョイスティックやサブ電子ダイヤルが復活していますので、Canonの一眼レフカメラからもスムーズに移行できるのではないかと思います。私も、Nikon D500にジョイスティックが搭載されていて、重宝しておりましたので、Canonのミラーレスカメラに搭載されているのがとても嬉しいです。

描写力

元々、EOSRの描写力には満足していましたので、そのレベルは確実にクリアできていると思います。まだ少し撮影しただけで、しかもそれを、EOSR5の背面液晶モニターやパソコンのモニターでしか見ていませんので、プリントすることで違いが分かってくるかもしれません。

トリミング耐性

ここは明らかに向上しています。流石4500万画素といった印象を受けます。撮影時は広めに撮っておいて、RAW現像の時に整えていくという運用ができます。

ダブルスロット

EOSRは、SDカード(UHS-II対応)のみのシングルスロットでしたが、EOSR5ではCFexpressカードとSDカード(UHS-II対応)のダブルスロットが搭載されています。私はまだ、CFexpressカードを持っていないのでできていませんが、2枚カードを入れることで、CFexpressカードにRAWデータ、SDカードにJPEGデータというような、データ振り分けが可能となりますので、CFexpressカードとCFexpressカードリーダーを手に入れて、EOSR5を存分に使える状態にしたいと思います。因みに、EOSRの頃からProgradeのSDカードを使用していて、高速でとても気に入っていますので、CFexpressカードもProgradeのものを使用する予定でいます。

現段階での機材ゴール

現段階で、CanonのミラーレスカメラはEOSR5よりも上位機種がありませんので、機材としは、現段階でのゴールに達しています。それは即ち、このカメラで撮れなければ自分の撮影スキルが足りていないだけという形になります。プレッシャーに感じることではなく、思考をシンプルにして、自分がスキルアップしていけばいい状態です。とにかくEOSR5を使い込んでいきます。