EOS Rセッティング

EOS R セッティング キャノン

プロカメラマンの設定

Canon EOS Rを導入したので、撮影できるようにカメラの設定を行っていく。今は、ブログカメラマンの方が、使用しているカメラのセッティングをYouTubeにアップしてくれていますのでそれを見ながら設定していきます。

自分が撮りたいものは何か

YouTubeの動画を見ながらプロカメラマンの設定をしていく大前提として、そのプロカメラマンが専用としている撮影と自分が撮りたいと考えているものが一致していなければその設定にしている意味がありません。スポーツを撮りたいのであれば、スポーツカメラマンの設定を参考にすべきですし、ポートレート(人物撮影)をしたいのであれば、ポートレートを専用としているプロカメラマンの設定を参考にするといった形です。

西田航さんの動画を見ながら

私は、息子の写真や自社の採用に関連した社員の撮影というポートレート写真がメインになりますので、ポートレート写真を多く手掛けている西田航さんのEOS Rの設定動画を見ながら、設定をしていきました。

プロカメラマンと同じ設定

昔であれば、何かしらプロカメラマンさん本人と繋がっていなければ分からなかったてわあろう情報が、今ではプロカメラマンさん自ら動画という形で公開してくれています。そしてその貴重な情報が無料で手に入る時代になります。そうすると、自分の行動力次第でどうにでもなります。新しいカメラを導入した初日から、プロカメラマンさんが、長い年月を掛けて、試行錯誤しながら辿り着いた現時点での最高の設定を自分のカメラに設定することができます。

西田航さんのピクチャースタイル設定

具体的には、西田航さんがEOS Rで設定しているピクチャースタイルのスタンダード設定をそのまま自分のカメラに設定していきます。
シャープネス:5
コントラスト:4
色の濃さ:4
色合い:-3
フィルター効果:-1
調色:0
といった具合になります。

最初はカメラのデフォルト設定になりがちですが

いきなりプロカメラマンと同じ設定でスタートできます。もちろん、プロカメラマンさんと同じ設定にしたから同じ様に写真が撮れるなどということはあり得ません。それでも、今まで自分が撮っていた写真とは違う仕上がりの写真になり、「設定でこんなに違うのか」ということは実感できる筈です。

まずやってみる

プロカメラマンさんが培ってきた経験をもとにした設定を導入させてもらい、まずはそれでやってみる。やってみる中で、試行錯誤しながら自分好みの設定を追求していくというやり方が、無料で多くのノウハウが手に入る現代の最適なやり方な気がしています。