Canon EOSR5とEOSR

キャノン

2020年7月30日に発売された『Canon EOSR5』手に入れた方が、様々な比較をしてくれています。その中でもEOSRとの比較を取り上げてみます。

EOSR5スペックおさらい

画素数

有効4500万画素

センサー

フルサイズCMOSセンサー

画像処理エンジン:DIGIC X(フラグシップ機1DXMarkIIIと同じ)

手ブレ補正

ボディ内5軸手ぶれ補正機構を搭載(補正効果は5段分相当、すべてのRFレンズとEFレンズに対応)。レンズ内ISとの協調制御で最大8段分相当の補正効果に向上(レンズ内手ぶれ補正機構を備えた一部のRFレンズが対応)

ISO感度

最大ISO51200、拡張時ISO102400

連写性能

最大20コマ/秒(電子シャッター時)、12コマ/秒(メカシャッター時)

最大1/8000秒の高速シャッターに対応

オートフォーカス(AF)性能

デュアルピクセルCMOS AF II対応。ディープラーニング技術を用い、顔が検出できない被写体や後ろ姿でも人物を追従できる。オートフォーカスの動物検出は犬、猫、鳥の全身、顔、瞳に対応(人物AFとの切り替えで対応)

動画性能

クロップなしの8K動画撮影

WiFi機能

IEEE802.11ac(5GHz)

カードスロット

CFexpressとSD UHS-IIのデュアルカードスロット

EVF(電子ビューファインダー)

576万ドットに精細化、表示フレームレートは従来の2倍の119.88fps

重量

約738g(メモリーカード、バッテリー含む)

価格

460,000円(税別)

EOSRスペック

画素数

3030万画素。EOSR6よりも1000万画素程多い。

センサー

フルサイズCMOSセンサーを搭載。

画像処理エンジン

DIGIC 8を搭載。

手ブレ補正

ボディ内5軸手ぶれ補正はなし。

ISO感度

最大常用ISO感度40000。

連写性能

最大8コマ/秒。

オートフォーカス(AF)性能

デュアルピクセルCMOS AF 対応。瞳オートフォーカス(AF)に対応。

動画性能

4K30pの動画に対応。

WiFi機能

IEEE 802.11b/g/nを搭載。

カードスロット

SD UHS-II対応のシングルカードスロット。

EVF(電子ビューファインダー)

369万ドット。

低輝度合焦点限界

EV-6まで可能。

ボディ剛性

外装・内装ともにマグネシウム合金。

重量

約660g(メモリーカード、バッテリー含む)。

参考価格

約180,000円(2020年8月10日現在)。

発売時期

2018年10月25日。発売から約1年9ヶ月。

 

ゆるフォトのたかしさんの比較

ゆるフォトポートレート教室のたかしさんが、EOSR5とEOSRのJPEG撮って出し比較をしてくれています。

動画を見てみると

同じ設定で撮影しているにも関わらず、EOSR5で撮った写真の方が明るく写っているのが分かります。これは、EOSR5とEOSRの画素処理エンジンの違いによる、ピクチャースタイルの作り込みの違いだと思われます。

好みのがどっちか

EOSR5の方が写りは明るいですが、EOSRの解像感や描写力が悪い訳ではないので、ここはどちらが好みかというところになります。価格差も約30万円程ありますので、ここも踏まえて検討していくといいかもしれません。