【Canon EOSR5・EOSR6】カメラ任せでいいじゃん

キャノン

デジタル一眼カメラには、完全にカメラ任せで撮れるモードがあります。今回はそのお話。

 

高級デジタル一眼カメラでも

2020年7月30日に発売されたCanonの新しいミラーレスカメラ「EOSR5」。そして、2020年8月下旬に発売予定の「EOSR6」。EOSR5が税込で50万円越え、EOSR6は税込で30万円越えの高級デジタル一眼カメラになります。

デジタル一眼カメラは

自分好みに細かな設定をして、より自分好みの写真が撮れるというメリットがあります。その反面、この「自分好みの設定」というところが、デジタル一眼カメラのハードルを上げてしまっている気がします。

高級デジタル一眼カメラだからこそ

カメラメーカーによって呼び方は異なりますが、デジタル一眼カメラにも、カメラの設定を完全にカメラに任せて撮影する「オートモード」というものが用意されています。このモードを使うことで、デジタル一眼カメラに初めて触れる方でも、簡単ににキレイな写真を撮ることができます。特に前述のEOSR5EOSR6は、瞳AF(オートフォーカス)や動物瞳AF、強力な手ブレ補正機能が備わっているカメラですので、カメラの電源を入れて、オートモードで被写体(撮影したい人や物)に向ければ、今まで撮ったことのないキレイな写真が撮れる訳です。

まずはそのキレイさを体験してみる

スマホでもキレイな写真が撮れる時代にはなっていますが、デジタル一眼カメラで撮る写真のさらに上のキレイさを体験していない方がまだ多いように思います。

デジタル一眼カメラのハードルは高くない

「どうせ撮るならよりキレイな写真を撮りたい」と思うのは自然なことです。オートモードでキレイな写真を撮れることを体験してから、「もっとこうしたらどういう写りになるだろう」という形で、設定を変えていくのもいいと思います。

キレイな写真を撮ることが最優先

「デジタル一眼カメラなのにオートモードは恥ずかしい」なんていう考え方をお持ちの方がいれば、そんな考えはすぐに捨ててしまいましょう。むしろ、高級なデジタル一眼カメラになればなる程、オートモードで簡単に上質な写真が撮れます。オートモードで気軽に、デジタル一眼ライフを踏み出しましょう。